「ご無沙汰です。11/21、ミューブラ有難うございました!&新曲歌詞」2015.11.23

2015/11/21(sat)
“ミューズとブランチ vol.54”in 渋谷SOGLINES

1.Love
2.Split Dayz
3.Wonderwall(OASIS‘s Song)
4.Silent Canary
5.My Dear Song(New Song)
6.Line

(イベント終了時Session)
I Wanna Hold Your Hands(Beatles‘s Song)

といったセットでお送りしました。





ピアノには毎度お馴染み大島道雄先生、

いつも急なご対応すみません。有難うございます。

観ていてくれた方々、暖かい雰囲気どうも有難うございました。

そして共演の皆様、SONGLINES様、この度もお世話になりました。お疲れ様でした。



マギーさんのミューブラ、もう54回ってすごいなあ。

こんな長生きのイベントに最初のころから出させても

らってたってのはほんと光栄なことです。有難うございます。


このたび久々のライブ、近しいミュージシャンと共に演らせていただきました。

菅直行くん、らいむらいと、そしてマギー☆フランソワBAND、

皆様々に自分のスタイルで自由に活動を楽しんでいていつも刺激になります。


なんだか楽しくて気も緩み、一週間禁酒していた酒も進んでしまいました。

そして帰りの電車を乗り過ごす。定番のコース。。とほほ。。


しかしほんと久しぶりのライブでした、なんと今年二回目。

おれの活動ペースが遅いんじゃあなくて、地球の回転速度が速すぎるんだよ。

どんどん言い訳のスケールだけが大きくなっていきます。ちっぽけなおれ。


ちっぽけといえば、今日久しぶりに近所のプラネタリウムに行ってきまして、

宇宙の壮大さに魅せられてきたんです。

ふと思ったんですが、星座の話とかって、昔々の人たちの夜遊びみたいなものからつくられ

たものだったんじゃあないかなと。

こっそりやんちゃな者たちが夜に抜け出して好きに話を考えて笑いあって、

親からは「早く帰って来なさい、明日の狩りが大変よ!」などと叱られ。

または、抑圧されていた人たちの現実逃避の遊びだったりでもしたんでしょうかね。

何だかよくあんな点を強引につなげてロマンチックな話をひねり出したもんだなと思わさ

れまして、あの自由奔放さは決して誰かを教育するために考えられたものなんかではなく、

自然に楽しみ興じることからでしか始まらいよななんて思いました。

なんだか自然に笑みがこぼれました。

世の中いろんな表現があるけど、内容とかジャンル云々抜きで素晴らしいものって自然に

笑みがこぼれるように出来てると思います。

表現といえばやっぱ自分にとっては音楽なんで、少しでも一瞬の流れ星のようでも良いの

で誰かに微笑み届けられたら良いよななんて思うわけです。


ところで、流星の正体って「砂」だって皆さん知ってました?

せめて「岩石」くらいと思ってたんだけど、「砂」ということだそうで、

また、発光してるのは大気のほうだということだそうです。

う〜ん、まだまだ知ってるようで知らないこといっぱいですね。


来月はふたご座流星群が見どころだということです。乞うご期待。


ということでライブと関係ないとこにいってしまいました。

で、次の私のライブはいつなんでしょう?

次の流星群が現れる前にはやりたいね。


砂粒いっぱい集めておきます。どうぞよろしくお願い致します。



〜新曲歌詞〜


“My Dear Song”

もうずっと前の曲を覚えていたんだ 不思議で

もうずっと前の曲は俺を捕まえて一瞬で連れて行った

夢に連れて行った

そうきっと前の頃は駆け抜けてたんだ必死で

もう随分前のことと忘れられるほどに君は死んでないぜ

君は死んでないぜ 

光の無いその世界 終わりは告げられたかい?

心の無いその世界 愛は取り戻せたかい?


My Dear Song   My Dear Song


もうずっと前の傷を覚えているのも人間で

もうずっと前の曲は時に胸に哀しみも突き刺した

哀しみも突き刺した

グサッとめり込んだ痛みを辿っていったら呼んでいた

君の魂の叫び胸にこだましてた

君は死んでないぜ

光の無いその世界 灯りは点けられたかい?

心の無いその世界 愛は取り戻せたかい


My Dear Song   My Dear Song


My Dear Song   Your Dear Song